婚活サイト比較は料金で決めちゃダメ!失敗しない2つのポイントはこちら

婚活サイトは会員数で選んでいいの?


婚活サイトって会員数が多いほうがいいのかな?

どの婚活サイトに入会しようかと比較する場合に、会員数の多さって気になりますよね。

やっぱり会員数が多いほうが、条件ピッタリの人がたくさんいそうですもんね。

だから公式サイトで会員数が何人いるか調べている人も多いようです。

 

でもね・・・。

 

調べてみると気付くんですけど、婚活サイトによって会員数の表現方法がバラバラなんです。

だから、比較しにくいんですよね。

人気のある大手婚活サイトを調べてみると、こんな感じでした。

 

【ユーブライド】

  • 累計会員数:133万人突破(2017年4月)
  • 2017年1月の入会者数:21,446人

 

【ブライダルネット】

  • 会員数:334,646名(2017年2月1日)
  • 内訳:男性145,309名、女性189,337名
  • アクティブユーザー:33万人以上

 

【ゼクシィ縁結び】

  • 会員数についての表記なし

 

【マッチ・ドットコム】

  • 会員数:日本157万人(2011年11月時点)

 

【エキサイト婚活】

  • 累計会員数:255,6549人(2017年月4月)

 

【YAHOO!パートナー】

  • プロフィール登録:450万人突破(2017年2月)

 

ブライダルネットは、現在の会員数と男女構成比が書いてあるので分かりやすいですね。

その他のところは、累計会員数が書いてあだけです。

なので現在どれくらい会員がいるのか、ハッキリしないんです。

かろうじてユーブライドが、前月の入会者数を表示してくれていますけど。

 

ゼクシィ縁結びのように、サービス開始からの年月が短い婚活サイトもあります。

その場合、まだ会員数が多くないためか、会員データなどが表示されていないです。

 

累計会員数は、婚活サイトの信頼性を知るためは必要です。

でも知りたいのは、アクティブユーザーがどれだけいるかってことです。
*アクティブユーザーとは、休会している会員を除いた会員のこと

現在の会員数が掲載されてないので、会員数で比較することはできないんです。

 

でもね・・・(本日2度目)。

 

婚活サイトの比較をする時に、会員数ってどこまで重要なのでしょうか?

実はそこまで重要でもないんですよ。

 

もちろん会員数は、少ないより多いほうがイイです。

でも、それよりもっと大切なポイントがあるんです。

それは何かというと、会員の「年齢・年収・職業」などのパーソナルデータです。

婚活サイトの会員データ

 

あなたが結婚したい条件の人は何人いる?

もしあなたが「20代女性と結婚したい」と希望していたとします。

だとすると、たとえ会員数が日本最大でも、女性会員の90%が30代以上の婚活サイトだとマッチングしませんよね。

 

もしあなたが「年収600万円以上の男性と結婚したい」と希望していたとします。

だとすると、会員数が少なくても「男性会員の100%が年収600万円以上です」という婚活サイトの方がマッチングしますよね。

 

このように希望条件の会員が多い婚活サイトを選ぶことこそ、婚活サイト選びで大切なポイントなのです。

つまり会員の「数」よりも「質」を重視して比較することで、成婚確率を高くできるってことです。

 

でもね・・・(本日3度目)。

 

やっぱり正確には、比較できないんです。

というのも婚活サイトの公式サイトをみると、会員データは掲載されてるんだけど・・・。

掲載されているデータって、「エリア・年齢・年収・仕事」などです。

もちろん参考にはなるんですけど、読んでみても「ん~、なるほど・・・」と何故か釈然としないんですよね。

どうしてかというと、かなりザックリとしたデータしか掲載されていないんです。

だから、具体的なイメージが湧かないんですよね。

イメージが沸かない女性

 

結婚相手となるのはたったの一人をイメージできないから、なんかピンとこないんですよね。

ちなみにどの婚活サイトを見てもそんな感じです。

 

だから、結局どこの婚活サイトがいいか、よく分からなくなっちゃうんです。

具体的なことが書かれていないんで、イメージが沸かないのは仕方ないですよね。

 

でも、解決する方法があるんですよ。

 

答えは簡単です。

婚活サイトに無料登録してみればいいんです。

 

解決策が見つかった女性

 

婚活サイトの無料登録は利用しないと損だよ!

婚活サイトはサービスのお試しという感じで、無料登録することができます。

無料登録会員となって、婚活サイトを利用することができるんです。

 

無料会員が利用できるサービス内容は、婚活サイトによって違います。

でも、どこの婚活サイトでも「条件検索」は利用可能です。

つまり「どんな人が婚活サイトで活動しているのか」を無料で知ることができるのです。

 

これってスゴくないですか!?

 

自分が希望する「年齢・年収・職業・居住地」などを条件設定して検索すると、その条件に当てはまる会員が表示されます。

そこで気に入った人がいればアプローチすればいいんですが、そこからは有料となる場合が多いです。

でも、条件検索までは無料で利用できるので、使わない理由がありません。

理想の人がいるかどうか確認してから有料登録できるので、婚活サイト選びに失敗することはありません。

婚活サイトに登録する女性

 

無料登録して良い婚活サイトとは

でも、一つだけ注意点があります。

それは、無料で登録できるからと言って、どんな婚活サイトでもむやみやたらと登録したらダメってことです。

 

中には「完全無料!」なんて言って、あなたの大切な個人情報を抜き取ろうとする悪質な婚活サイトもあるのでご注意を。

 

安心して登録できる婚活サイトの見分け方は、下記になります。

  • 運営会社:大手企業が運営している
  • 運営年数:サービス開始からの期間が長い
  • 運営実績:累積会員数や成婚実績が多い
  • 個人情報保護:プライバシーマーク取得や個人情報保護方針が記載されている

 

これらの条件を満たして安心して利用できる婚活サイトは下記になります。

 

やっぱり聞いたことのある企業が運営している婚活サイトになってしまいます。

どの婚活サイトも無料登録は可能なので、どんな人が会員として婚活しているのかチェックしてみましょう。
心配する女性

 

無料登録って怖くない?

無料登録する場合は、「氏名・年齢・住所・連絡先・職業・・・」などの個人データを入力することになります。

個人情報を入力することを心配する人もいますが、逆にいうと個人情報を入力した人しか会員になれないということです。

 

無料登録では必要ありませんが、有料会員として本気で婚活するには本人証明証(免許証・保険証・パスポートなど)を提出することになります。

そうすることで、会員の信頼性を高めるとともに、悪質な結婚する意志のない人の侵入を防ぎます。

結婚相手として交際する人の身元がハッキリしていないなんて嫌ですもんね。

 

他にも無料登録すると、迷惑メールや勧誘電話などがかかってくるのではないかと心配する人もいます。

悪質な婚活サイト業者ならばその可能性もありますが、さっき紹介した婚活サイトは誰もが知っている大手企業です。

 

しつこい勧誘をして、ツイッターで炎上でもしたら企業のイメージダウンになってしまいます。

 

個人情報の取り扱いが気になる人は、各社の個人情報保護方針を読んでみるといいです。

大抵の場合は、自社が提供する婚活サービスのキャンペーン案内やイベントでメールを送ってきたりするだけです。

 

メールが届くのが嫌ならば、「会員メールを受け取らない」という設定にしておけば大丈夫です。

もちろん勧誘の電話が掛かってくることなんて、ありませんからご安心を。

 

無料登録をすることで、こんなことが確認できます。

  • どんな会員が活動しているか
  • どんなサービスが利用できるか
  • 管理画面の使い勝手

本格的にお相手探しをする前に、どの婚活サイトを利用するか決めるためにも無料登録は必ず試しておきましょう。

無料登録でのお試し利用は、失敗しない婚活サイト選びの基本ですから。

 

【オススメ婚活サイト】